現世の隠しシステム「感動回復」について

現世の隠しシステム「感動回復」について

はじめに

最近1日の作業時間をどうにか伸ばしたくて、集中力だとか疲労だとかについて調べていたのですが…どうやっても1日6時間の壁が超えられれないのです。世の中には4時間睡眠でそれ以外ずっと集中する人間も存在しているので、なにか抜け道があるはずなんですが、それがわからなくてわからなくて、めっちゃ悩んだんですけど、その手がかりを得たのでここに記します。ブログを見てくれている人には共有したいので…。

感動回復という概念

人は感動をすると体力・意志力が回復する

この感動回復を使いこなすことで、1日の活動時間を大幅に増やすことができます。朝起きて、1日10ポイントの行動力があるとしましょう。感動回復を利用しない場合、10ポイント分しか行動できません。しかし感動回復を行うと、感動する度に +1 されます。5回発動できれば15ポイントとなり、常人の1.5倍生きることが可能になります。

勘違い:好きなことなら疲れない

これはよく言われますね。言葉的にもわかりやすい、ですが、それゆえに勘違いを引き起こしてしまいます。思うに「好き」という言葉が大きすぎます。ゲームが好きな人も神ゲーが遊びたいわけで、クソゲーをやりたいわけではありません。もっと言うと、あるアーティストが好きでも、リピートで聴きまくるナンバーと、まったく聞かない曲があるでしょう。

つまり好きな〜というくくりで考えると、好きなことしてるのに疲れるじゃねーか!さらには…好きじゃなかったのか?となってカテゴリ自体に疑問を抱き、自分の好きすらも疑う悲惨なことになります。

思えばゲームにも応用されていた

タイミングよくコンボを繋げるとMPを消費しないだとか、敵を1ターンで倒すと体力が回復するとか、そういったシステムはこれに気付いたゲームデザイナーによるものなのかな、と思いました。役割を上手くやればインセンティブというのは、なるほど理にかなった設計です。人間の進化のために実装されているのかも…これは言い過ぎでしょうがw

おわりに

勉強していてわからないものが理解できた時…、ライブで推し曲がはじまったとき…、スポーツ選手に不屈の意志をみたとき、アニメや映画などでキャラクターの生き様に共感した時…!


そのときの感動は疲労を吹き飛ばします。

逆に、つまらないのによかったみたいな、自分に嘘をつくと使えなくなるシステムでもあります(この自覚が難しい)。


何か続けていることが億劫になってきたら、ちゃんとそれで感動できているのかを問い直す。もちろん感動がないけどやらねばないときもあります。そのときは自覚して、意志力が十分にあるときに乗り切りましょう。