コミュ力は諸刃の剣〜孤独になって感情を取り戻そう!〜

コミュ力は諸刃の剣〜孤独になって感情を取り戻そう!〜

はじめに

諸刃の剣って知ってますか?ドラクエに出てくる武器で攻撃力は強いけども自分もダメージを喰らう武器です。そしてこの剣、…装備すると呪われます。

僕はかなり陰キャなんですが、どのコミュニティにいってもそこそこすぐ馴染めるコミュ力というか技術があります(ある友人はカメレオンと評した)。これを便利だからと使っていたら、いつの間にか、自分がボロボロになっていました。

その経験から、似たような人への警告と、コミュ力に憧れる人にそんないいもんでもないということをお伝えできればと思います。

コミュ力の秘訣は相手の欲しいものを渡すこと

仲良くなるには相手の欲しいものを渡しましょう。物理的なものでもいいですが、まずは言葉や態度ですね。

ただそれは相手の欲しいものなので、自分からすればわりとどうでもいいことが多いです(まれに一致することもあります、それは奇跡)。

どうでもいいけど、仲良くなりたいので、相手の好きなものを選びます。仲良くなれるのは嬉しいのでこれ自体は問題ありません。

人が2人いれば100%意見が合うことはない

問題になるのは、意見を相手に合わせ続けることで自分が折れ慣れてしまうことです。

2人でランチに行く場面を考えます。

今日何食いに行くー?なんでもいいよー、あ、駅前にチャーハン屋さんできてたよ。じゃぁそれいきますか〜。

この場合、どちらかが、まぁ今日はチャーハン「でも」いいかとなっています。
ここで折れています。

一回一回は大したことじゃ無いんですが、これが積もるとマズいことになります。

いやそんな昼飯なんてなんでもいいわ…って思った人は自分がだいぶ折れ慣れてしまってるので要注意ですね。

元々譲れない人はそもそも他人とランチに行かないでしょう。

人に合わせ続けると自分がわからなくなる

Aくんといるときはラーメンだな、Bさんといるときは回転寿司だな、ということをやってると、自分1人になった時に、あれ?俺1人で何食おう…なんでもいいや、みたいになってしまいます。

しかしこれは見えなくなっているだけです。このときは自覚できないんですが、僕は唐揚げが食べたかったんです。唐揚げを食いたいという自分の欲求が見えないのです。

結局わからないので、とりあえずラーメンを食べるんですが、自分の欲求と違うので、そんなに嬉しくはありません。

自分を取り戻すために1人になろう

誰にも合わせないで生活してると自分の声がまた聞こえるようになってきます。こちらが話を合わせないなら、暇つぶししたい人は話しかけてこなくなります。そこではじめて自分の内なる声に気付けます。

なんか唐揚げが食べたい…!!


そうです、僕は唐揚げが食べたかったのです。

自分の好きなものが自分で理解できると、他人なしでハッピーを持続できます(完全ではないのでたまには人に会いたいけど)。

具体的には、

・美味いものが食いたい!>唐揚げを食う!ハッピー!
・あのゲームやりたいな>ギャルゲーを遊ぶ!ハッピー!

…バカみたいだけど本当です。この唐揚げもギャルゲーも誰かに合わせるために選んだものではありません。単純に自分が好きだから選んだものだからです。

おわりに

この自給自足ハッピーを封じられてしまうのが、諸刃の剣の呪いなのです。

また、コミュ力がないから人に好かれないという人は、自分を曲げていないということでもあるので、自分の仕事に全力を出せるのでいいと思います。向いてない技術を無理に習得して、大して役に立たないとがっかりするのでやめましょう。

最後に僕の人生の指針としているショーペンハウアー先生の言葉を記します。

「人間は他人と合わせようとして自分の4分の3を失う」

アルトゥール・ショーペンハウアー

下記は僕が何十回も読み返している漫画版のショーペンハウアー先生の教えです。原著はクドいので漫画版のほうが分かりやすくていいと思います。人間関係と幸福について述べられた本でこれ以上のものはそうそうないでしょう。