なぜ1人で作り続けるのか?

なぜ1人で作り続けるのか?

はじめに

1人でゲームを作ってると、時間はかかりまくるし、各技術は中途半端だしで、端から見てると、誰かと分業すれば?、と思うかもしれません。

ですが、今作(フロンティアストーリー)に関しては、分業する気は全くありませんので、その理由を説明いたします。

自分の考えを試したかった

下記の記事にも書いたとおり、自分の考えでゲームが作りたいの最も大きな理由です。

僕はゲーム(というか創作物・作品)において、「全体の調和」が最も大事だと考えています。「あるキャラクタのゲーム的役割=シナリオ的役割=見た目」とは密結合であり、切り離して考えるものではないと。

過去チームで仕事したときに、大人数で作ってすぐチグハグになってしまったことへの反発が動機なので、整合性を取れなくする要素をできるだけ省きたいのです。

そも、みんなで作ることにまだ希望があるのであれば、意固地に1人で何年も頑張る必要もなく、どこかの会社のプロジェクトに参加させて頂いているでしょう。その方がお金にも困らないし…。

途中離脱が起こると完成しない

会社ではなく、インディとして誰かと共同でやった場合、途中で協力者が飽きたり、別の仕事に注力したくなったらそこで終わります。


例えば絵を頼んだとして、はじめイラストレータさんの美麗な絵で、途中から僕の下手くそな絵になったら調和が崩れるのです。また、立て直す困難で途中放棄してしまう(エターなる)危険性も高いでしょう。


シナリオの人が途中でやめたら、無理に繋げても意味不明な展開になりそうですね。規格化されていない創作を、途中引き継ぎするのは0から作るよりも難しいのではないでしょうか。

チームには憧れる

作ってるのがRPGなんで、いつかは各技術のプロとチームで大作を作りたい気持ちはあります。1人でできることなんてのは、たかがしれているのも事実です。


チームでやるとしても、1人でもやり切るやつが中心にいれば、うまく行く可能性は高いでしょう。プロは口だけ人間の言うことなど聞かないからです。生活費のために少しは聞いてくれるかもしれませんが…。

おわりに

手伝って欲しい気持ちはあるけど、それ以上に完成という目標から逆算すると、1人でやったほうが完成できる可能性が高いということです。

時間がかかるのもつらいですが、未完成に終わることが最も恐ろしいですね。幸い投げ出す気はまだ起きてません。

とはいえ、期待してお待ち頂いてる方には時間がかかりすぎて本当に申し訳ないのですが…。