モチベーション

開発費を稼ぐ

お金がない恐怖が克服できなかったので、個人ゲーム開発とITエンジニアを並行してやっていく

引きこもってゲームを作っていると、楽しいのですが、生きているだけでどんどんお金が減っていきます。 今回はじめてのゲームをストアにリリースできましたが、食べていけるだけのお金にはなりませんでした。 お金がないと、何がつらいのか、どうやって自作のゲーム開発を続けていくのかを考えましたので、記事にしました。
個人ゲーム開発/制作

長期個人開発素人は煮詰まったらサボるべき【休みは悪いことではい】

僕は2年と4ヶ月ほどずっと同じプロジェクトを1人で開発しているわけですが、数回ほどやる気が完全になくなることがありました。 こうなると、一応パソコンの前に座って打ち込んでみたり、紙に絵を描いてみたりするんですが、それ自体が猛烈に苦痛になります。 そんなときは罪悪感など感じずに、サボりましょう!あなたは十分頑張ってます!
個人ゲーム開発/制作

創作に意見を貰うのは痛い【はじめて書いたゲームシナリオ】

一通り開発中のゲームのストーリーが完成したので、友達(シナリオのプロ)にゲームのシナリオを見てもらったところ、正確かつ優しく指摘してくれたのに、めちゃくちゃ落ち込みました。 季節の変わり目で、僕のメンタルが下がってるのもありますが、異常に凹んだので、なぜ落ち込んだのかを考えたのでお伝えします。
思考/嗜好

孤独なゲーム開発者が見ている YouTube チャンネル

もにYouTube、いいですよね。プロが真剣に作った動画が無料で見られるなんて本当にいい時代になったものです。 そこでひたすら孤独にゲームを作っている私が、最近チャンネル登録して見ているものを紹介します。 いま、一番関心があるのがゲームを完成させることなので、それに関連するものが多くなっています。
思考/嗜好

現世の隠しシステム「感動回復」仮説【作業時間を延ばすために考えた】

最近1日の作業時間をどうにか伸ばしたくて、集中力だとか疲労だとかについて調べていたのですが…、どうやっても1日6時間の壁が超えられれないのです。 そこで色々と調べた結果、自分の作業に感動していくことで作業時間を伸ばせるのではないかという仮説を発見しました。
タイトルとURLをコピーしました